弾いてみた動画第三弾 ZIGGY「GLORIA」GuitarCover ~曲作りの合間に弾いてみたよ~

こんにちはしょぼんです。

最近2曲同時進行(?)で作曲中なんですが、曲を作るときって詰まったり、上手く形に出来なかったり、、、と中々進まないことがあります(´・ω・`)

そんな時はどうしたらいいの?

 

ハイ、簡単です。

全く別の事をする!に限りますね(・ω・)w

 

今回僕は別に煮詰まった訳ではないのですが…!

何となく気分転換にギターで「何かコピーしたいな」なんて欲がわいてきました。(これが今日のお昼過ぎ)

 

思い立ったらとりあえず行動しよう!考えているだけでは日が暮れていくばかり。

 

というわけで今回は!!

コチラのバンドの曲をコピーしました。

 


ZIGGY


 

前回の記事でも書いたように、最近ライブを見に行ってまいりました。

その時にZIGGYも出演しておりまして、カッコよかったので最近ハマっていました。

 


今回弾いた曲


 

GLORIA

 

最近よく聴いていたので、何となく曲を聴きながらコードだけ拾ったりはしていたので、今日細かいパートとかギターソロをちょっと耳コピして(それでもこの前のCiRCLINGに比べたら短時間だったので少し荒いですが…)先ほど動画を撮ってみました。

80年代の名曲ですね。

僕も全然世代じゃありませんが…良いものはいつまでたっても良いのですね(・ω・)

 


今回の使用機材


B.C Rich Mocking Bird

ギターは今回はハードロックだし、モッキンバードを使用しました。

このモッキンバードは人生の中で初めて手にした「まともにステージで鳴らせるギター」です。

それまではあまりしっかりとしたギターを持っておりませんでした。だから今現在手元にあるギターの中では一番の古株なんですね、もうちょうど10年のお付き合いでしょうか。

初めてのライブもこのギターだったし、このギターで毎日毎日たくさん練習もした思い出深いギターです。

B.C Richの中では中堅より少し下くらいのモデルなんですが

スルーネックがしっかりと採用されています。安いモデルだとモッキンバードなのにボルトオンネックですからね…(´・ω・`)

(某F社のモッキンバードは値段が高くてもボルトオンネックですが…)

P.Uはオリジナルからディマジオ社製に換装してあります。

 

Front 

DP151 PAF Pro

 

Rear

DP155 Tone Zone

 

しょぼんの所持ギターはもれなくディマジオのピックアップが搭載されてます。笑

ちなみにコントロール部分もいじってあり、純正だと2Volume1Toneなのですが、めんどくさいのでMasterVolume仕様 1Directswitchに換えてあります。

長らくメイン機から外れていましたが、現在は太めのゲージを貼ってありダウンチューニング用として普段はドロップDチューニング専用にしてあります。

次はペグを純正品からGOTOH製に交換しようかと考えています。(純正は少し制度が甘い)

 

Tech21 FlyRig RK5 

エフェクト関係は主に歪みとプリアンプですが、最近はDTMの際に使うために購入したこのRK5を使用しています。

この前のCiRCLINGではeBandの内蔵エフェクトを使用しましたが、今回はこちらです。

一見マルチエフェクターと思われがちなのですが、普通のエフェクター

Tech21から出ているFlyRigRichieKotzenシグネイチャーモデルです。

「Delay 」「SansAmp」「Overdrive」が1つになっているエフェクターでサイズもとても小さく軽いのでこれ単体をギターケースに入れて持ち運ぶのも全く苦じゃないくらい便利な優れもの!

 

Dealyは主に4分音符でしか鳴らせませんが、タップスイッチもついているので実際のライブでもとても便利ですね。

DTMの時はテンポの関係であまり外部のディレイは使いませんし…個人的にはあまり飛び道具的な使い方もしないのでこれで十分すぎるくらい。

 

SansAmpは初めて使うのですが、Sans独特のクセというか、これがSamsのサウンドなんだろうと感じました。

結構低音域を弱めにしても埋もれるようなイメージですが…実際にスタジオにある大きなアンプで鳴らしたわけではないので何とも…PCにつないでモニタースピーカーやヘッドホンで聴くと少し持て余している感じがするので、近々スタジオにでも行ってみたいと思います。

 

OD部分はRichiekotzenのオリジナル「OMG」が入っています。結構ザラっと、カラっとした感じの歪み方ですね。

でもこちらもペダル単体で十分使える音質です。どうしてもエフェクターで作る歪みってチューブアンプのあのサウンドにはなりませんが、最近のエフェクターはとっても歪みが優秀になってきていますね!

正直この歪みで充分です。

 


編集裏話


動画を作り終えてからYouTubeとニコニコ動画にひと通りアップし終えて、僕は愛車のしょぼん号を車検に出していたので車を迎えに行き、帰宅してから夕飯を食べながら今日先ほど撮り終えて、アップしたばかりの動画を見返していた。

 

そしたら何かがおかしい。

 

あれ?なんだか違和感がある。

 

よくよく見返してみると、タイトルをはじめ何から何まで

 

「GLORIA」ではなく「GROLIA」

になっているではないか…(´・ω・`)

 

とりあえずタイトルや説明文を片っ端から書き直した。

なんだか書いているときから違和感はあったのだ。。。ちゃんと最初から対処していればよかった。

 

ひと通り直し終えて、ヒトイキ。

個人のFaceBookにもついでに投稿しておいたので、FaceBookを開くとまたそこに動画があるのだ。

そして僕は気付いた。

 

動画内のタイトルも間違えてるやん…

 

そう、動画内だからもう一度編集ソフトで書き直さないとこればかりは直せない。

 

そして僕はアップした動画を消して、もう一度作り直したんだとさ。

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

投稿を作成しました 32

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。