日本一周してみた。第2夜


2015年10月26日旅を始めた。


遂にこの時が来た…!

10月も末の寒い時期になってしまったが、僕は旅に出た。

時期的にも、自分の予定的にも「一筆書き」でとはいかない旅になるが、それでも僕はこの旅をやり遂げたいと思う。

当日は起きる予定の時間を大幅に寝過ごして、昼イチで自宅を出発することになった。

{49ACC4F3-E1A5-4F4E-85E1-4B3344A5CF69:01}

満載に荷物を積み込んだカブ。初めての体験なので、手あたり次第荷物を詰め込んだ。

今まで生きてきた人生の中で、しばらく家を離れるという事がまるで無かった為、この期に及んで感慨深くなっていた。

家があって、家族が居て、食べ物があって…。

そんな「当たり前」の価値観から僕は逸脱しようとしている。

家もなく、ひとりで、見知らぬ世界へと、飛び立とうとしている。武者震いのような緊張感が全身を包む。

PM13:00…カブにまたがりエンジンをかけて、僕は西へと向かった。


先ずは隣県から!三重県へ。


旅の最初の目的地は伊勢神宮。

先ずは旅の無事と安全、この先にやりたいことが見つかるよう。願掛けへと参る。

 

大まかな行程

  • 地元を出発→名古屋市内は混雑が予想されるので愛知県の西端よりから迂回。その後1号線と23号線を使い三重県庁へ。
  • 三重県庁からは買い出しを済ませたのち、伊勢神宮近辺の野営地を探し野宿。

 

実家を出発した僕は晴れわたる空の下、ゆっくりと西へと向かった。愛知県と岐阜県の境目に流れる「木曽川」沿いを南下。

この時すでに一つ目の失敗に気づくことになった。

 

そう。フロントの積載だ。

 

フロントには防水バックいっぱいに詰めた荷物をカゴに入れ込んである。はみ出した部分はそのままネットでカゴに沿うように押さえつけているのだが…

フロントが風に煽られるったらありゃしない…。

この感じだとフロントの積載は極力少なく、風に煽られにくいようにしなければいけないと感じたが、すでに出てしまったため荷物を入れ替えるしかない。

無難な40キロくらいで堤防を流す。

片側一車線なので後ろから走ってくる乗用車がとても邪魔そうだ…。

しかしこっちは風との一騎打ちの最中。。。何とか道を譲りつつ、国道一号線まで抜けた。

バイパスへ入ったらあとはスイスイ流れにも無理なく乗りつつ、三重県まで。

途中、県境のあたりのコンビニでおにぎりを食らう。ここまででようやく50キロほどか?思ったよりも「荷物を積んで走る」というのは難しいようだ。

しかしこれも徐々に慣れてくるだろう。

この辺りは工場夜景の有名なスポットなのか、沿岸部の工場を見る限り中々夜にカメラを持ってきたら楽しそうだ。

工場群を横目に僕は三重県庁を目指す。

県庁制覇も一応この際だし記念にやっておこうと思っていた。

 

三重県庁1/47

{CF63261E-32B1-49DF-A398-8B1DE40614EF:01}

 

着いた頃はもう夕方だったので、ササっと写真を済ませて買い出しへ向かった。

近隣のイオンで非常食と簡単な夜食を買った。

 

 

そして道の駅ではないものの「蘇民の駅」という、簡略化された「道の駅っぽいもの」を見つけたので足を運んでみた。

駐車場と24時間トイレ。他には何もない。

雨風がしのげそうな様子はないが、今日は天気が良いので駐車場の端っこに真っ暗闇の中慣れないテント設営をした。

初めての野宿で初めてのテント設営…。人目が気になる…(;・∀・)笑

なんだかアセアセとぎこちない手さばきでテントを作る不審者一名。どう考えても変な光景である。

 

とりあえず設営完了…。

持ってきたクッカーで、先ほどイオンで購入したお米を炊きながら一緒に買ったウインナーともやしも炒めてみた。

うーん。もやしもこんなに要らない。日持ちしない食材は買うだけ損かもしれない。

 

そんな折、駐車場に止まっていた車から男性が僕の方へとやってきた。

「え?なに?え?(´Д`)」

と思っていたら、差し入れの缶コーヒーを頂いてしまった!!

{804F649A-1508-4159-85F5-F63680ABEE68:01}

旅初日から人の温かさに触れた。

それまでまだ、慣れない野宿に戸惑っていた気持ちが少し和らいだ瞬間だった。

よし、一歩は踏み出した。明日は最初の目的地伊勢神宮だ。この先どんなことが起こるのだろうか。

初日の夜は車の走行音が気になってじっくりと寝られなかった。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

投稿を作成しました 32

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。