1st Cub旅 いけるか?!湘南! 第2夜

2015年7月20日 AM8:00


Cub旅二日目。

この日は静岡県三島市内にあるインターネットカフェで目を覚ました。

ドリンクバーでジュースを飲み、無料のモーニングセットをほおばると、すぐに外に出た。

天気は快晴 真っ青な空に夏の雲がうっすらとかかっている!

昨日の曇天に比べたらまさに湘南へ向かうには絶好のお天気である。

カブに荷物を積み込み、準備を終え「天下の険」箱根峠をCubで越えることに少しの不安と胸いっぱいのドキドキを感じていた。

 

箱根山のふもとで給油を済ませ、いざ峠越え!!

 

トラックと乗用車に混じり、カブは目一杯エンジンを回転させながら坂道を登る。

途中キリがすごいことになってきた…寒い。

7月下旬の夏真っ盛りな頃だというのに、半袖のTシャツの上にジャージを着ているのに寒い。

 

あまりに寒いのでバイクに積んであった合羽を着こんで再び箱根越えへ。

 

合羽って便利。防寒着にもなる。(´・ω・`)

温泉旅館を横目に箱根を越える。結構降りたようで少しずつ暑くなってきた。

再び合羽を脱いで下山。

せっかくなので温泉につかる。

受付へ行くとリア充カップルがいた(´-ω-`) うらやましい。 いや、仲良さそうで何より(´-ω-`)

 

汗を流した後少し箱根の温泉街周辺をカブで周ってみる。

とても自然が綺麗で癒される。普段の冴えない日常から解き放たれた解放感を纏い、気分一新。

 

さてそろそろ目的地へ向かう頃だ。

そういえば宿はどうしよう。なぜか昔から「予約」という作業が苦手なのである。

何だか時間と自由を制約されるような感じがして、いつも行き当たりばったりの旅が好きだったので今回も特に予約はしていない。

 

さすがに「海の日」の3連休だけあって湘南は混んでいるだろうということで、とりあえず一度は行ってみたいと考えていた「ゲストハウス」を探してみる。

さすがは観光地。

鎌倉に何件もあるじゃないか!

その中で目ぼしい宿のHPを覗いてみる。見た目はとても風情のある古民家で囲炉裏がある宿があった。

「亀時間」という鎌倉のゲストハウスだった。

さっそく電話をしてみる。

 

「あ、もしもし、スイマセン。急なんですが今日泊まれますか?」

 

案の定満室だった(´;ω;`)

 

それはそうだ。7月の鎌倉なんてものすごい人だ。

そしてオシャレでいい雰囲気のゲストハウス。さらに値段も格安…。

埋まっていないわけがない。

また今夜もネカフェか…。なんて思っていると、電話口のご主人(?)らしき人が「近所の別のゲストハウスなら空いてるかもしれないけど、どうですか?」

と教えてくれた。

天の助けとはこの事か!ちなみにゲストハウスに興味はあったが、初めてだったのでこのまま話が進むことに少し不安がよぎる小心者。。(´-ω-`)w

「ミミニチっていうんですけど、電話番号教えますね。」とご主人。

え?ミミ?に?ち?何それ??

聞き直すと、どうやら「耳日」というお宿らしい。初めて聞く単語は日本語でもなかなか聞き取れないものだ。

親切にしていただいたのでお礼を告げ電話を切る。

同業者とは言え、なかなかよそにお客さんをまわす。なんてすばらしい人だ。と感心してしまった。

その後、小心者は「初めての体験はきっと楽しいものになるはず!」と腹を決めた。

電話をしてみるとどうやら急遽キャンセルが入って、ドミトリー(相部屋)が一つ空いた。との事。

「ちなみに晩御飯はオカズ持ち寄りでみんなで食べれますよ」

とのコトだ。

なんだそのシステム…バンド辞めて以来人づきあいが億劫になっていた僕にはかなりハードルの高いイベントが今、目の前に突如現れた。

でも、不安もあったけど興味があったことなのでワクワクが勝っていた。

 

そして無事宿も予約したので鎌倉へ向かって走り出した。

天気は快晴!夏真っ只中!これから待ち受ける未知との遭遇に向かってカブにまたがる。

 
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

投稿を作成しました 32

1st Cub旅 いけるか?!湘南! 第2夜” に1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。